悪質なオンラインカジノの詐欺に注意!

悪質なオンラインカジノの詐欺に注意!~実際のケースと対策法~

日本ではまだまだ認知度が低いオンラインカジノですが、海外では実に多くのサイトが存在しています。
しかしその中には、払い戻しに応じなかったりカジノゲームの勝率を下げたりと詐欺を行う悪質サイトが存在することを知っておかなければなりません><

もし悪質サイトでカジノゲームをプレイすると、どんな危険が待っているのでしょうか?
実際のケースを紹介しようと思います。
また、そんな悪質サイトから身を守るための対策法も紹介するので、そちらもぜひチェックしてみてください。

悪質なオンラインカジノによる詐欺の実例

悪質なオンラインカジノで起こった詐欺の実例
現在オンラインカジノは2,000以上もあると言われていますが、全て安全というわけではありません。
ここでは悪質なオンラインカジノをプレイしたことによって起きたトラブルをここでまとめてみました。
オンラインカジノをプレイする前に、このような危険と隣り合わせだという事を頭に入れておきましょう。

ケース1:理由をつけて払い戻しに応じない

出金の際に身分証明書の提出があり、プレイヤーは運転免許証とクレジットカードの請求明細を提出しました。
ところが、英語で但し書きをつけたにも関わらず、「英語表記の証明書でなければいけない」と言って払い戻しに応じませんでした。

このプレイヤーは、他の担当者に変えることで無事に出金することが出来ましたが、払い戻しの遅延も悪質なので気をつけなければなりません。

ケース2:突然の閉鎖

これは新しいサイトや無名なサイトに多いことですが、「リニューアル中」といってそのまま閉鎖するという内容です。
実際に「お台場カジノ」というサイトでは、リニューアル後ログインすることが出来なくなり、サポートにも繋がらず払い戻しが未払いのまま閉鎖となりました。

ケース3:入金後の規約変更

登録すると25ドルのボーナスが貰えると宣伝していたので、プレイヤーはさっそく登録し2,000ドル以上を稼ぎました。
しかし、いざ出金すると50ドルしか入っていません。問い合わせると規約の確認しろとのこと。
確認すると、「払い戻しはボーナスの2倍まで」と、明らかに登録後に追記されていたということでした。

逮捕された実例を知りたい

最後に、実際に逮捕された実例「スマートライブカジノ事件」「ドリームカジノ事件」を紹介しようと思います。

「スマートライブカジノ事件」はプレイヤー3人が逮捕された事件で、日本人のディーラーが働いているサイトでプレイしたため「国内でオンラインカジノを利用していることに変わりない」として賭博罪に当たるとされました。

また「ドリームカジノ事件」では、日本に設置された事務所でオンラインカジノを作成、そしてサポートや経理などを行ったことにより、運営者が逮捕されました。

国内で運営しているサイトや日本人が働いているサイトでカジノゲームをプレイすると、運営側だけでなくプレイヤーも逮捕される可能性があります。
そのようなサイトは絶対に避けましょう。

2つの事件についてもっと詳しく知りたい方は、下記記事にまとめてあるのでぜひ確認してみてください。
オンラインカジノで逮捕された事例1~スマートライブカジノの場合
オンラインカジノで逮捕された事例2~ドリームカジノの場合

優良なオンラインカジノを見つける方法~詐欺から身を守ろう~

優良なオンラインカジノを見つける方法
残念ながら、このような悪質サイトは現在も存在しているだけでなく日々誕生しています。
つまり、たくさんある悪質サイトを避けるのは非常に難しいということです。
そして、そのようなサイトを避けるのではなく、実績があり評価が高い優良オンラインカジノでプレイすることが大事なのです。

ここでは優良サイトの見つけ方についてご紹介しようと思います。

方法1:審査が厳しい国からライセンスを取得しているサイトを選ぶ

ライセンスとは運営許可書のことで、これがないとオンラインカジノを運営することはできません。
また、発行する国によって審査基準が違うので、審査が厳しいところもあれば甘いところもあります。
詐欺を行う悪質サイトは、このライセンスを取得していなかったり、審査料を払えば許可書をもらえるような審査の甘い国から取得している可能性があります。

詳しく知りたい方は下記記事をチェックしてみてください。
オンラインカジノの詐欺・イカサマって本当にあるの?

方法2:大手のオンラインカジノを選ぶ

自分でオンラインカジノを見つけるのは不安・・・という方は、実績があって評価が高い大手のオンラインカジノを選びましょう。
大手のオンラインカジノは、厳しい審査を行っている国からのライセンスや、第三者の審査機関による公平性を公開しているので、安全性や信頼性が高いと言えます。
そのような有名なオンラインカジノを選ぶことが大切です。


悪質サイトへの知識をもっと深めたい方は、下記記事を参考にしてみてください。
オンラインカジノで詐欺に遭わないために気を付けるべきこと

オンラインカジノの詐欺・イカサマって本当にあるの?

オンラインカジノの詐欺・イカサマって本当にあるの?

オンラインカジノはネット上で気軽に遊べるギャンブルです。
家にあるパソコンやいつも持ち歩いているスマホからギャンブルができるなんて嬉しいですよね。

しかし、気になるのがその信頼性です。

アングラな存在なのでは?詐欺やイカサマが横行しているのでは?
そう不安に思っている方も多いかと思います。

そんな方のために、こちらのページではオンラインカジノの気になる点について解説していきます。

オンラインカジノでの詐欺・イカサマについて

まずオンラインカジノにおいて詐欺やイカサマは本当にあるのかということですが、実際に詐欺やイカサマの被害に遭った人は少なくありません。
特にオンラインカジノが誕生した当初は制度なども整っておらず、また情報が出揃っていなかったので被害は多かったようです。

今はライセンス制度や監査機関なども整っていますし、オンラインカジノの情報サイトも多く運営されていますので、その被害は確実に減っています。
しかし、大きなお金が動くという性質上、悪質な業者に狙われやすい市場であるということには変わりありません。

詐欺やイカサマの被害に遭わないためには、きちんと運営されているオンラインカジノを選ぶことが大切です。

信頼できるオンラインカジノの選び方

信頼のできるオンラインカジノの選び方

きちんと運営されている、信頼できるオンラインカジノを選ぶためのポイントは3つあります。

[1]ライセンス

ラインセンスとは、国や政府がオンラインカジノに発行するギャンブル許可証です。
いい加減なオンラインカジノにまで発行してしまっては、国や政府の信頼に関わってきますので、発行の際には基準を満たしているかチェックが行われます。
ライセンスを取得しているオンラインカジノは国や政府の基準を満たしているオンラインカジノということになりますから、信頼性の目安となります。

しかし、中には審査基準の緩いライセンスも存在しているため、ライセンス自体の信頼性もチェックする必要があります。

[信頼性の高いライセンス一例]

・ジブラルタル
・マン島
・マルタ共和国
・キュラソー島

[2]第三者監査機関

第三者監査機関とは、つまりオンラインカジノとまったく関係のない独立している監査機関ということです。
オンラインカジノの運営を定期的に、そして公平にチェックしてくれる機関となります。
「eCOGRA(イーコグラ)」や「TST」がその代表です。

この第三者監査機関にしっかりチェックされ、なおかつ問題なしとされているオンラインカジノは信頼性が高いといえるでしょう。

[3]ソフトウェア

オンラインカジノで遊べるゲームは、オンラインカジノが開発しているというわけではなく、契約しているソフトウェア会社から提供されているものです。
このソフトウェアのセキュリティが甘ければ、勝率の操作など不正が簡単にできてしまいます。

ですので、どこのソフトウェア会社と契約しているか?というのも重要なポイントになります。

[信頼性の高いソフトウェア一例]

・playtech
・Microgaming
・NETENT

casino14

オンラインカジノに違法性はあるの?法律問題を徹底検証

日本でも注目が集まりつつあるカジノ。
オンラインカジノは、インターネットの環境があれば自宅で楽しめるギャンブルとして、静かな広がりを見せていますが、日本からオンラインカジノをプレイする場合、法律の問題は避けて通れません。

日本でオンラインカジノをプレイする上で気をつけなくては行けない法律の問題をチェックしておきましょう。

オンラインカジノはどの法律に違法になる可能性がある?

日本では、カジノはもちろんのことオンラインギャンブルを取り締まる法律自体が無いので、オンラインカジノは日本の法律から見れば無法地帯のようなもの。

グレーなラインで違法とも合法とも言えないところで、オンラインカジノは楽しまれていますが、プレイヤーは最低限、日本の法律に違反してしまわないように意識はしていなければ行けません。

抵触するとしたら賭博罪。しかし盲点も

オンラインカジノもギャンブルである以上、現在取締で使われるとしたら「賭博罪」が有力候補になります。

しかし、この賭博罪にも盲点があり「逮捕に至るには、そのギャンブルが日本国内で行われているものであること」、更にプレイヤーを逮捕するには「プレイヤーとそのプレイヤーが遊んでいたカジノ運営も一緒に逮捕する必要がある」等の、実は色々な条件が存在します。

2016年に、日本人のオンラインカジノプレイヤー三人が逮捕される事件がありましたが、実際にはこちらは罰金のみで、そのうちの一人が起こした裁判でも「違法である」という判決はおりませんでした。

その理由の一つが、日本国内で運営されておらず、その国では合法なものであるため、賭博罪では検挙できなかったからではないかと、言われています。

海外運営であれば、完全に大丈夫?

casino1

完全に大丈夫と言い切れないのは、オンラインカジノやカジノそのものに対する注目が高まることから、少しずつ法整備の準備が進められているからです。

現時点ではグレーなだけで、今後日本でカジノが合法化されオンラインカジノも合法扱いになるのか、またはオンラインギャンブルに関する法律ができてしまうのか、それは誰にもわかりません。

オンラインカジノでは、銀行などを介してお金の入出金が行われるため、中央機関などがお金の流れを監視しやすくなっています。
オンラインカジノ自体が違法でなくても、高額な金額を儲けた後に確定申告を怠れば、次は脱税として調査の目が入る可能性もあります。

ただ、現時点で言えることは、日本国内で行われているオンラインカジノは違法であり、逮捕されるということ。ギャンブルを行う以上は、どうしても避けられない法律問題に関しても、最低限の理解が必要だと言うことがわかります。

加えて、海外のオンラインカジノサイトは、必ず信頼できるライセンスを持っているサイトを選ぶことが大切です。うますぎる儲け話などには騙されないようにすることも、注意が必要でしょう。

オンラインカジノの違法性はカジノ法案でどう動く?

オンラインカジノはカジノ法案でどう動いていくのか?

カジノ制定

カジノと聞いて思い浮かべる国はどこですか?
「マカオ」「ラスベガス」は世界的に有名なギャンブル都市としてしられていますよね。
アジアではフィリピンもカジノが盛んな国として挙げられます。
カジノが文化の一つである国では、賭博、つまりギャンブルが合法とされていますが、
日本では賭博罪という法律があるため、ギャンブル文化がありません。

しかし2016年12月、日本で「カジノ法案」が制定されました。
今回は、このカジノ法案がオンラインカジノに今後どう影響していくのかを見ていきたいと思います。

オンラインカジノと日本の関係

ギャンブルというのは、その国で認められていないとプレイできません。
ギャンブルには種類が存在し、その国が定めた種類でなければ利用できないことになっています。

例えば、日本では競馬やパチンコなどですね。
しかし、日本ではブラックジャックやルーレットなどのギャンブルはプレイしてはいけないことになっています。

マカオにカジノをプレイしにいく人がいるのはそのためです。

しかし、オンラインカジノというものが誕生してから、
カジノをプレイできる国にいかなくてもカジノが楽しめるようになりました。
日本では法律的にグレーゾーンとして位置されているので、
多少のリスクは伴うかもしれませんが、
オンラインカジノのサイト自体は海外にあるのでプレイできるという状況です。

この、「グレーゾーン」を改善してくれるかもしれないものが、「カジノ法案」です。

オンラインカジノとカジノ法案の関係

そもそもカジノ法案ってなに?

カジノ法案とは

カジノ法案は「政府から許可を受けた事業者が、認められた場所で、特定観光複合施設を経営できる」ということを可能にした法律です。

特定複合施設とは、「カジノ施設」「宿泊施設」など、日本の観光事業を盛り上げる施設が一体となったものを指します。

この施設を経営することで、地域経済の活性化や、財政の改善を狙っているのです。

カジノ法案がオンラインカジノに与える影響

カジノ法案自体は、経済を活性化させるための法案ですが、

それだけではなく、オンラインカジノの合法化を後押しする可能性もあります。
日本でカジノ運営が認められるようになれば、
カジノに関するルールを設定しなければなりません。
たとえば不正行為防止策、ギャンブル依存症の対策も考えたりしなければいけなくなります。

これらと同時に、オンラインカジノを今後どう扱っていくかも考えられていくと予測できます。

いかがでしたか?
法律も時代によって変わっていくものです。
今ではオンラインカジノの立ち位置は微妙なところですが、
プレイヤーの増加、人気になっていけばいくほど、
オンラインカジノについてきちんと法律が整えられていくと思います。

オンラインカジノと法律の関係性についてもっと知りたい方はこちらの記事へ!
→オンラインカジノは違法?合法

オンラインカジノで詐欺に遭わないために気を付けるべきこと

オンラインカジノで詐欺に遭わないための知識を蓄えよう

悪質規定

オンラインカジノは、文字通りインターネット上に存在するカジノです。
インターネットは新しい技術なうえ広い世界であることから、法律で取り締まることはまだまだ難しいこともあり、
詐欺まがいの不正行為を働いているオンラインカジノがまだ存在しています。

今回は、そのような悪質なオンラインカジノサイトを見極めるための
いくつかのポイントをご紹介しようと思います。

オンラインカジノにおける「悪質」とは

○支払いの延滞など、金銭的トラブルを起こすサイト
○サイト側に有利なようにゲーム設定を行い、プレイヤーを勝たせないサイト
○不当な勧誘を行うサイト
○サポートに問い合わせても返事がこないなど、対応が悪いサイト

これらに当てはまるサイトは「悪質なサイト」と呼ぶことができます。

悪質カジノを見分ける方法~特徴を見よう~

悪徳オンラインカジノ

詐欺を行うカジノには特徴があります。

①会員登録の際に契約規約が確認できない
②ウェブサイトがチープなつくりをしている・
日本語表記があまりにも不自然な日本語である
③運営元の情報が載っていない
④サポートの連絡先がサイト上に載っていない
⑤スパム行為が目立っている

プレイするオンラインカジノを見極める際、
これらのポイントを参考にしてみてください。

日本語対応されているだけで信頼するのは危ない!

オンラインカジノは海外で運営されているものです。
なので日本語対応を行っているサイトは日本人ユーザーにとってはありがたく感じますよね。
もちろん、日本語対応されているサイトは安心なところもあるのですが、
ある悪質サイトでは日本人をターゲットした詐欺行為を行うために日本語対応しているサイトも過去にありました。

お台場カジノというオンラインカジノでは、「システム障害」で勝ち金を引き出しできないとしていましたが、そのままカジノは閉鎖。いわば「とんずら」をして、プレイヤーからお金をだまし取ったオンラインカジノがありました。

「日本語対応している」というポイントだけを見るのではなく、
そこが運営元をきちんと表記しているサイトかどうかなど、
別の側面から良いサイトかどうかを見極める必要があります

時代によって悪質オンラインカジノは姿を変えていく!

インターネットは時代が進むごとに変化する媒体です。
オンラインカジノはネット上に存在しているものゆえ、
その変化についていって運営方針を変えていくことも予想できます。
なので、現在評判はいいオンラインカジノも、
別のオンラインカジノが次々誕生していくにつれて、
将来的には時代遅れにサイトになってしまう可能性もあります。
悪質サイトを見極めるというのも大事ですが、その次に大事なことが、
「現在までに実績がきちんとあり、さらに評価が高いオンラインカジノを選ぶこと」。
ネット上の情報を自分で収集して、その中から自分が一番信頼できると思うオンラインカジノでプレイしましょう。
オンラインカジノと法律の関係についても学んびませんか?
オンラインカジノは違法でも合法でもないグレーゾーンに位置している!

オンラインカジノで逮捕された事例2~ドリームカジノの場合

ドリームカジノで逮捕者が!オンラインカジノ逮捕劇

af586bd73b6fc58777bc6307c7e9a32e

写真引用:http://casino-navi.net/I0000335

 

「ドリームカジノ」は2012年に開始されたオンラインカジノサービスでしたが、現在は閉鎖されています。

そのドリームカジノの運営者が逮捕されたことがきっかけです。

ドリームカジノ逮捕事件を詳しくみていこう

ドリームカジノの運営者が、2016年6月10日に逮捕されたというニュースが報じられました。

インターネットのオンラインカジノサイトを運営し客と賭博したとして、京都府警は10日、常習賭博容疑で、大阪市中央区本町橋の会社役員、坂本拓也容疑者(39)ら実質運営者5人を逮捕したと発表した。府警によると、坂本容疑者は「逮捕事実には誤りがある」などと容疑を否認している。無店舗型オンラインカジノの運営者が逮捕されるのは全国初という。

 

逮捕容疑は、共謀し、大阪市天王寺区に事務所を設けオンラインカジノ「ドリームカジノ」を運営し、平成25年12月~今年3月、サイト上で複数回にわたり不特定多数の客を相手に、ポーカーの賭博をしたとしている。 オンラインカジノは、自宅のパソコンなどからネット上でポーカーやルーレットなどの賭博ができる仕組み。

 

ドリームカジノは24年11月にオープンしたとみられ、会員数は約9500人、賭け金の総額は約19億2600万円に上るという。ドリームカジノは、カジノが合法なオランダ領キュラソー島で営業許可を受けているとサイト上に記載していたが、サポートは日本語のみで行われていたことなどから、府警は国内で運営されていると判断した。 http://www.sankei.com/west/news/160610/wst1606100039-n1.html

ドリームカジノ自体は海外で営業許可を受けていた

記事にあるように「ドリームカジノはもともとキュラソー島から営業所から許可を受けているオンラインカジノ」です。

もともとオンラインカジノ自体が海外で運営されているものなので、これはなにも間違ったことではありません。

しかし、ドリームカジノが日本語サポートを雇っていることが、日本国内で運営されていると警察側が判断したことに繋がりました。

日本人向けサービスが大阪の事務所で作られていたことが原因

ドリームカジノ

一般的に、海外で運営されているオンラインカジノ側が日本人向けにサポートを設置したり、日本語サイトを作成しますが、

ドリームカジノでは日本の大阪に設置された事務所でサポート設置・サイト作成、さらには経理までも行っていました。

このことが更に違法だとみなされるきっかけとなったわけです。

この事件は、裁判では「有罪」となりました。

はっきりと「日本人が日本人にカジノを提供しているサービス」となってしまっているので、逮捕の対象になってしまうことも仕方ないと思います。

日本国内運営のオンラインカジノは利用しないこと!

オンラインカジノはサイト内に会社概要として運営会社を記載する義務があります。
オンラインカジノに登録する前に、会社が海外で運営されているものか、またネットでの評判があるものか、きちんと自分で確認することが必須です。

他にもオンラインカジノで逮捕者が出てしまった事例が!

日本人プレイヤーが「賭博罪」として逮捕された?!

オンラインカジノで逮捕された事例1~スマートライブカジノの場合

オンラインカジノ逮捕事例を検証!

オンラインカジノ逮捕

日本に存在する賭博罪という法律。
オンラインカジノは賭博罪には値しないということですが、
(詳しい記事はこちら→)
2016年3月10日、イギリスのオンラインカジノ「スマートライブカジノ」でプレイしていた日本人三人が「賭博罪」に値するとして逮捕された事件があります。

海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県越谷市の制御回路製作会社経営、関根健司(65)▽大阪府吹田市の無職、西田一秋(36)▽埼玉県東松山市のグラフィックデザイナー、中島悠貴(31)-の3容疑者を逮捕した。府警によると、無店舗型のオンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。

 

府警によると、関根容疑者は「1千万円ぐらい使った」と供述。ブラックジャックの利用客だけで月に少なくとも約1400万円の賭け金が動いていたとみられ、府警は運営実態や資金の流れを調べる。

http://www.sankei.com/west/news/160310/wst1603100084-n1.html

どうして逮捕されたの?

日本人ディーラーが担当だったことが原因だった

smartlivecasino_setup

 

http://casinokun.com/smartlive_casino.html

 

逮捕された日本人プレイヤーは、「スマートライブカジノ」というイギリスのオンラインカジノをプレイしていました。

オンラインカジノではネット中継で、直接ディーラーとカジノをプレイすることができる「ライブカジノ」というものがあります。

海外から中継されているので、ディーラーはすべて海外の方です。

 

「スマートライブカジノ」では、日本人のディーラーがゲームを行っており、それをサイトの売りにしていました。

日本人ディーラーと会話できるように、カジノ内のチャット機能で日本語のコミュニケーションが可能にされていました。

また、カジノがプレイできる時間帯が日本時間の夕方から深夜に設定されていたこともあり、

警察側は「日本国内でオンラインカジノをプレイしていることと変わりがない」と判断し、逮捕に至りました。

日本人プレイヤーがSNSで特定された

逮捕に至ったきっかけとして、日本人プレイヤーがSNSで特定されるということがありました。

日本人プレイヤーがカジノ内でのチャットでの名称でアカウント名をそのまま使っていたこと、チャットの内容でSNSが特定できるようなやり取りをしていたことがあったことで、警察側が特定できたわけです。

今回の事件から学べること

日本人が集まりやすいようなテーブル、または日本人専用カジノは利用しない

今回の逮捕の一件の大きな原因となったことが、日本人のディーラーが担当するカジノに日本人プレイヤーが集まったことです。

今回の事件をきっかけに、日本人専用カジノは取りしまわれる可能性が高くなったはずです。利用しないようにしましょう。

アカウント特定されるような情報を書き込まない

SNSのアカウント名がわかるような内容をカジノ内でのチャットなどに書き込まないようにしましょう。

また、SNS内でオンラインカジノをプレイしているとわかるような書き込みもやめた方がいいでしょう。

 

違法でも合法でもないオンラインカジノ。

グレーゾーンだということをしっかり意識して、オンラインカジノをプレイすることを勧めます。

 

他にもオンラインカジノで逮捕者がでた事例があります。

詳しくはこちらの記事へ→ドリームカジノの運営者が逮捕された?!

オンラインカジノは違法?合法?気になるセーフラインをチェック

オンラインカジノって違法なの?

オンライン違法合法

オンラインカジノは、インターネット上でプレイするカジノのこと。
カジノ会場にいかなくても、自分の好きな時間に、ネットがつながる場所であればどこでも楽しめるギャンブルです。

しかし、日本では賭博罪など、ギャンブルを規制する法律が存在しているので、
オンラインカジノと聞くと、「怪しいものなんじゃ….」と思われる方もいらっしゃると思います。

ここでは、オンラインカジノを法律面から検証していこうと思います。

オンラインカジノは違法でも合法でもない!オンラインカジノグレーゾーン

タイトル通り、オンラインカジノは違法でも合法でもありません。
これには、先述したような日本の法律との関係性が理由としてあります。

日本のギャンブル規制・賭博罪について解説

日本には「賭博罪」という法律が存在します。

賭博罪は、賭博自体の行為を禁止する法律のことです。

これと並んで、「賭博場開張図利罪」という法律も存在しており、

賭博をする場所を提供することを禁止しています。

オンラインカジノは日本の法律では規制できない

オンラインカジノというものは、今のところ日本の法律では禁止することができません。

というのも、そもそもオンラインカジノは海外で運営されているものです。

カジノが合法である国での運営なので、そもそも違法性はありません。

「オンライン」とあるように、インターネットがあればどこでもギャンブルができるという特徴があるギャンブルなので、オンラインカジノをプレイするということは、「日本国内でプレイしている」ことにはならないのです。

言い換えると、「カジノ自体は海外に位置し、プレイヤーは日本国内にいる」ということになり、

これが日本の法律でオンラインカジノを規制することができない理由になります。

 

合法かと聞かれれば頷けないところですが、違法かと聞かれてもそうであると断言できないグレーゾーンにオンラインカジノは位置しています。

「違法だ!」と唱える人も、「合法だ!」と主張する人もどちらも間違っていないわけですね。

 

オンラインカジノをプレイする際に気を付けることオンラインカジノポイント

日本国内で運営されているオンラインカジノはプレイしないこと!

先ほど説明したとおり、オンラインカジノは海外で運営されているもので、日本の法律に触れることはありません。

逆に日本国内で運営されているオンラインカジノでプレイすると処罰の対象になります。

なので、プレイするオンラインカジノを選ぶ際、そこのサイトが日本以外で運営されているものかきちんと確認するようにしましょう。

インターネット上に存在しているカジノなので、怪しいオンラインカジノはまだ存在しています。

ライセンスを取得しているかチェックしよう!

安全なオンラインカジノは、政府からライセンスを取得しています。

ライセンスを取得しているオンラインカジノは政府からの厳しい審査を通って安全だと認められています。

サイトの概要ページにきちんと表示されているものなので、登録する前に確認しましょう。

また、オンラインカジノは政府だけでなく第三者機関などからも厳しい審査を受けています。

政府からのライセンス、第三者機関から審査を受けた証明、これらの二つを所持しているオンラインカジノでプレイしましょう。

 

オンラインカジノは2016年に可決されたカジノ法案でさらに注目されるものとなっています。

詳しくはこちら→オンラインカジノとカジノ法案の関係性