オンラインカジノの逮捕者が裁判で不起訴になった理由

オンラインカジノの逮捕者が裁判で不起訴になった理由

オンラインカジノのプレイヤーなら、どうしても気になるのが逮捕されるんじゃ、という不安を何度か抱いたことがあると思います。

実際、過去にドリームカジノの例があったので、逮捕される可能性がゼロじゃないのなら怖い、と思う方もいるでしょう。

そこで、以前あった逮捕されながらも不起訴を勝ち取ったケースをご紹介します。

オンラインカジノから逮捕者が!なぜ逮捕に至った?

オンラインカジノの逮捕者が裁判で不起訴になった理由

2016年3月、30代の男性3人らが、イギリスの企業が提供していたオンラインカジノ「スマートライブカジノ」で賭博をしたとして逮捕されました。オンラインカジノで逮捕者が出たのは、これが全国初のことです。

海外で運営されているのに関わらず、なぜ逮捕に至ったかは、以下が原因ではないかと言われています。

・日本人のディーラーがゲームを提供していた

・日本語でやりとりができた

・賭博の開催時間は、日本時間の夕方から深夜に設定されていた

日本で始めてオンラインカジノプレイヤーが逮捕されたケースのため、オンラインカジノ界には衝撃が走った事件です。

オンラインカジノで逮捕、しかし不起訴に?

その後、摘発された3人のうち1人は法廷で争うことを選び、結果として不起訴となりました。
逮捕にまで至ったのに、なぜ不起訴で済んだのでしょう。

それには「賭博法」という法律と「対向犯」という犯罪が組み合わさったためだと言われています。

はじめに、賭博法は以下のように分けられます。

・単純賭博罪(第185条)
賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

・賭博場開張等図利罪(第186条 2項)
賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する

この185条はプレイヤーに、186条の2項はオンラインカジノ側に当てはまります。

この事件では、プレイヤーはオンラインカジノをプレイしたため、185条に引っかかりました。
ですが、本来186条2項で裁かれるはずだったオンラインカジノ側は、この賭博法が当てはまらない海外で運営されているため、逮捕はされません。

そして、賭博罪ははじめから複数の人間が関与を予定している犯罪を意味する「必要的共犯」の、さらに「対向犯」という犯罪に分類されます。
対向犯は、罪が成立するのに、二人以上の相互関係者が存在する犯罪のことを指します
今回の事件に当てはめると、プレイヤーとオンラインカジノが揃っていないと、罪が成立しないということです。

海外に拠点があるオンラインカジノを日本で逮捕することはできませんし、プレイヤーのみ逮捕されたのは公平ではない、という理由から、プレイヤーは不起訴で済んだのです。

オンラインカジノで逮捕されないように心がけるポイント

オンラインカジノの逮捕者が裁判で不起訴になった理由

今回紹介したケースは不起訴を勝ち取ったものの、そもそも不起訴だとしても逮捕はされたくない、という人がほとんどだと思います。

なので、今回の逮捕例や他の逮捕例などを踏まえて、注意しておくポイントを一部、ご紹介します。

・サーバーが海外にあるかを確認

・「日本人のディーラーがいる」「日本人専用のテーブルがある」など、過剰に日本人向けをアピールするカジノには注意

・周囲にカジノをプレイしていることを公言しない

・オンラインカジノのIDなどをSNSなどで公開しない

・オンラインカジノのチャットで、プレイヤー個人を特定できるような発言をしない

まずプレイする前に、ちゃんとオンラインカジノ側を見極めることが大事です。
日本にサーバーがあった場合、先ほど解説した「対向犯」が完全に当てはまり、カジノ側共々逮捕される、なんてことも十分にありえるんです。

そして、オンラインカジノでぽろっと自分の情報を口にしてしまったり、SNSなどでオンラインカジノをプレイしていることを書き込んでしまうということにも注意しましょう。

些細なミスで逮捕されてしまう、なんてことがないように、リスクは少しでも減らしておくことが大切です。

さらに、違法か合法か、その線引きを詳しく解説しているページはこちら⇒
【オンラインカジノは違法?合法?気になるセーフラインをチェック】