オンラインカジノの詐欺・イカサマって本当にあるの?

オンラインカジノの詐欺・イカサマって本当にあるの?

オンラインカジノは詐欺じゃない?

オンラインカジノはネット上で気軽に遊べるギャンブルです。
家にあるパソコンやいつも持ち歩いているスマホからギャンブルができるなんて嬉しいですよね。

しかし、気になるのがその信頼性です。

アングラな存在なのでは?詐欺やイカサマが横行しているのでは?
そう不安に思っている方も多いかと思います。

そんな方のために、こちらのページではオンラインカジノの気になる点について解説していきます。

オンラインカジノでの詐欺・イカサマについて

まずオンラインカジノにおいて詐欺やイカサマは本当にあるのかということですが、実際に詐欺やイカサマの被害に遭った人は少なくありません。
特にオンラインカジノが誕生した当初は制度なども整っておらず、また情報が出揃っていなかったので被害は多かったようです。

今はライセンス制度や監査機関なども整っていますし、オンラインカジノの情報サイトも多く運営されていますので、その被害は確実に減っています。
しかし、大きなお金が動くという性質上、悪質な業者に狙われやすい市場であるということには変わりありません。

詐欺やイカサマの被害に遭わないためには、きちんと運営されているオンラインカジノを選ぶことが大切です。

信頼できるオンラインカジノの選び方

信頼のできるオンラインカジノの選び方

きちんと運営されている、信頼できるオンラインカジノを選ぶためのポイントは3つあります。

[1]ライセンス

ラインセンスとは、国や政府がオンラインカジノに発行するギャンブル許可証です。
いい加減なオンラインカジノにまで発行してしまっては、国や政府の信頼に関わってきますので、発行の際には基準を満たしているかチェックが行われます。
ライセンスを取得しているオンラインカジノは国や政府の基準を満たしているオンラインカジノということになりますから、信頼性の目安となります。

しかし、中には審査基準の緩いライセンスも存在しているため、ライセンス自体の信頼性もチェックする必要があります。

[信頼性の高いライセンス一例]

・ジブラルタル
・マン島
・マルタ共和国
・キュラソー島

[2]第三者監査機関

第三者監査機関とは、つまりオンラインカジノとまったく関係のない独立している監査機関ということです。
オンラインカジノの運営を定期的に、そして公平にチェックしてくれる機関となります。
「eCOGRA(イーコグラ)」や「TST」がその代表です。

この第三者監査機関にしっかりチェックされ、なおかつ問題なしとされているオンラインカジノは信頼性が高いといえるでしょう。

[3]ソフトウェア

オンラインカジノで遊べるゲームは、オンラインカジノが開発しているというわけではなく、契約しているソフトウェア会社から提供されているものです。
このソフトウェアのセキュリティが甘ければ、勝率の操作など不正が簡単にできてしまいます。

ですので、どこのソフトウェア会社と契約しているか?というのも重要なポイントになります。

[信頼性の高いソフトウェア一例]

・playtech
・Microgaming
・NETENT