casino14

オンラインカジノに違法性はあるの?法律問題を徹底検証

オンラインカジノの違法性とは

日本でも注目が集まりつつあるカジノ。
オンラインカジノは、インターネットの環境があれば自宅で楽しめるギャンブルとして、静かな広がりを見せていますが、日本からオンラインカジノをプレイする場合、法律の問題は避けて通れません。

日本でオンラインカジノをプレイする上で気をつけなくては行けない法律の問題をチェックしておきましょう。

オンラインカジノはどの法律に違法になる可能性がある?

日本では、カジノはもちろんのことオンラインギャンブルを取り締まる法律自体が無いので、オンラインカジノは日本の法律から見れば無法地帯のようなもの。

グレーなラインで違法とも合法とも言えないところで、オンラインカジノは楽しまれていますが、プレイヤーは最低限、日本の法律に違反してしまわないように意識はしていなければ行けません。

抵触するとしたら賭博罪。しかし盲点も

オンラインカジノもギャンブルである以上、現在取締で使われるとしたら「賭博罪」が有力候補になります。

しかし、この賭博罪にも盲点があり「逮捕に至るには、そのギャンブルが日本国内で行われているものであること」、更にプレイヤーを逮捕するには「プレイヤーとそのプレイヤーが遊んでいたカジノ運営も一緒に逮捕する必要がある」等の、実は色々な条件が存在します。

2016年に、日本人のオンラインカジノプレイヤー三人が逮捕される事件がありましたが、実際にはこちらは罰金のみで、そのうちの一人が起こした裁判でも「違法である」という判決はおりませんでした。

その理由の一つが、日本国内で運営されておらず、その国では合法なものであるため、賭博罪では検挙できなかったからではないかと、言われています。

海外運営であれば、完全に大丈夫?

casino1

完全に大丈夫と言い切れないのは、オンラインカジノやカジノそのものに対する注目が高まることから、少しずつ法整備の準備が進められているからです。

現時点ではグレーなだけで、今後日本でカジノが合法化されオンラインカジノも合法扱いになるのか、またはオンラインギャンブルに関する法律ができてしまうのか、それは誰にもわかりません。

オンラインカジノでは、銀行などを介してお金の入出金が行われるため、中央機関などがお金の流れを監視しやすくなっています。
オンラインカジノ自体が違法でなくても、高額な金額を儲けた後に確定申告を怠れば、次は脱税として調査の目が入る可能性もあります。

ただ、現時点で言えることは、日本国内で行われているオンラインカジノは違法であり、逮捕されるということ。ギャンブルを行う以上は、どうしても避けられない法律問題に関しても、最低限の理解が必要だと言うことがわかります。

加えて、海外のオンラインカジノサイトは、必ず信頼できるライセンスを持っているサイトを選ぶことが大切です。うますぎる儲け話などには騙されないようにすることも、注意が必要でしょう。