オンラインカジノの逮捕者が裁判で不起訴になった理由

オンラインカジノの逮捕者が裁判で不起訴になった理由

オンラインカジノのプレイヤーなら、どうしても気になるのが逮捕されるんじゃ、という不安を何度か抱いたことがあると思います。

実際、過去にドリームカジノの例があったので、逮捕される可能性がゼロじゃないのなら怖い、と思う方もいるでしょう。

そこで、以前あった逮捕されながらも不起訴を勝ち取ったケースをご紹介します。

オンラインカジノから逮捕者が!なぜ逮捕に至った?

オンラインカジノの逮捕者が裁判で不起訴になった理由

2016年3月、30代の男性3人らが、イギリスの企業が提供していたオンラインカジノ「スマートライブカジノ」で賭博をしたとして逮捕されました。オンラインカジノで逮捕者が出たのは、これが全国初のことです。

海外で運営されているのに関わらず、なぜ逮捕に至ったかは、以下が原因ではないかと言われています。

・日本人のディーラーがゲームを提供していた

・日本語でやりとりができた

・賭博の開催時間は、日本時間の夕方から深夜に設定されていた

日本で始めてオンラインカジノプレイヤーが逮捕されたケースのため、オンラインカジノ界には衝撃が走った事件です。

オンラインカジノで逮捕、しかし不起訴に?

その後、摘発された3人のうち1人は法廷で争うことを選び、結果として不起訴となりました。
逮捕にまで至ったのに、なぜ不起訴で済んだのでしょう。

それには「賭博法」という法律と「対向犯」という犯罪が組み合わさったためだと言われています。

はじめに、賭博法は以下のように分けられます。

・単純賭博罪(第185条)
賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

・賭博場開張等図利罪(第186条 2項)
賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する

この185条はプレイヤーに、186条の2項はオンラインカジノ側に当てはまります。

この事件では、プレイヤーはオンラインカジノをプレイしたため、185条に引っかかりました。
ですが、本来186条2項で裁かれるはずだったオンラインカジノ側は、この賭博法が当てはまらない海外で運営されているため、逮捕はされません。

そして、賭博罪ははじめから複数の人間が関与を予定している犯罪を意味する「必要的共犯」の、さらに「対向犯」という犯罪に分類されます。
対向犯は、罪が成立するのに、二人以上の相互関係者が存在する犯罪のことを指します
今回の事件に当てはめると、プレイヤーとオンラインカジノが揃っていないと、罪が成立しないということです。

海外に拠点があるオンラインカジノを日本で逮捕することはできませんし、プレイヤーのみ逮捕されたのは公平ではない、という理由から、プレイヤーは不起訴で済んだのです。

オンラインカジノで逮捕されないように心がけるポイント

オンラインカジノの逮捕者が裁判で不起訴になった理由

今回紹介したケースは不起訴を勝ち取ったものの、そもそも不起訴だとしても逮捕はされたくない、という人がほとんどだと思います。

なので、今回の逮捕例や他の逮捕例などを踏まえて、注意しておくポイントを一部、ご紹介します。

・サーバーが海外にあるかを確認

・「日本人のディーラーがいる」「日本人専用のテーブルがある」など、過剰に日本人向けをアピールするカジノには注意

・周囲にカジノをプレイしていることを公言しない

・オンラインカジノのIDなどをSNSなどで公開しない

・オンラインカジノのチャットで、プレイヤー個人を特定できるような発言をしない

まずプレイする前に、ちゃんとオンラインカジノ側を見極めることが大事です。
日本にサーバーがあった場合、先ほど解説した「対向犯」が完全に当てはまり、カジノ側共々逮捕される、なんてことも十分にありえるんです。

そして、オンラインカジノでぽろっと自分の情報を口にしてしまったり、SNSなどでオンラインカジノをプレイしていることを書き込んでしまうということにも注意しましょう。

些細なミスで逮捕されてしまう、なんてことがないように、リスクは少しでも減らしておくことが大切です。

さらに、違法か合法か、その線引きを詳しく解説しているページはこちら⇒
【オンラインカジノは違法?合法?気になるセーフラインをチェック】

オンラインカジノで逮捕された事例2~ドリームカジノの場合

ドリームカジノで逮捕者が!オンラインカジノ逮捕劇

af586bd73b6fc58777bc6307c7e9a32e

写真引用:http://casino-navi.net/I0000335

 

「ドリームカジノ」は2012年に開始されたオンラインカジノサービスでしたが、現在は閉鎖されています。

そのドリームカジノの運営者が逮捕されたことがきっかけです。

ドリームカジノ逮捕事件を詳しくみていこう

ドリームカジノの運営者が、2016年6月10日に逮捕されたというニュースが報じられました。

インターネットのオンラインカジノサイトを運営し客と賭博したとして、京都府警は10日、常習賭博容疑で、大阪市中央区本町橋の会社役員、坂本拓也容疑者(39)ら実質運営者5人を逮捕したと発表した。府警によると、坂本容疑者は「逮捕事実には誤りがある」などと容疑を否認している。無店舗型オンラインカジノの運営者が逮捕されるのは全国初という。

 

逮捕容疑は、共謀し、大阪市天王寺区に事務所を設けオンラインカジノ「ドリームカジノ」を運営し、平成25年12月~今年3月、サイト上で複数回にわたり不特定多数の客を相手に、ポーカーの賭博をしたとしている。 オンラインカジノは、自宅のパソコンなどからネット上でポーカーやルーレットなどの賭博ができる仕組み。

 

ドリームカジノは24年11月にオープンしたとみられ、会員数は約9500人、賭け金の総額は約19億2600万円に上るという。ドリームカジノは、カジノが合法なオランダ領キュラソー島で営業許可を受けているとサイト上に記載していたが、サポートは日本語のみで行われていたことなどから、府警は国内で運営されていると判断した。 http://www.sankei.com/west/news/160610/wst1606100039-n1.html

ドリームカジノ自体は海外で営業許可を受けていた

記事にあるように「ドリームカジノはもともとキュラソー島から営業所から許可を受けているオンラインカジノ」です。

もともとオンラインカジノ自体が海外で運営されているものなので、これはなにも間違ったことではありません。

しかし、ドリームカジノが日本語サポートを雇っていることが、日本国内で運営されていると警察側が判断したことに繋がりました。

日本人向けサービスが大阪の事務所で作られていたことが原因

ドリームカジノ

一般的に、海外で運営されているオンラインカジノ側が日本人向けにサポートを設置したり、日本語サイトを作成しますが、

ドリームカジノでは日本の大阪に設置された事務所でサポート設置・サイト作成、さらには経理までも行っていました。

このことが更に違法だとみなされるきっかけとなったわけです。

この事件は、裁判では「有罪」となりました。

はっきりと「日本人が日本人にカジノを提供しているサービス」となってしまっているので、逮捕の対象になってしまうことも仕方ないと思います。

日本国内運営のオンラインカジノは利用しないこと!

オンラインカジノはサイト内に会社概要として運営会社を記載する義務があります。
オンラインカジノに登録する前に、会社が海外で運営されているものか、またネットでの評判があるものか、きちんと自分で確認することが必須です。

他にもオンラインカジノで逮捕者が出てしまった事例が!

日本人プレイヤーが「賭博罪」として逮捕された?!

オンラインカジノで逮捕された事例1~スマートライブカジノの場合

オンラインカジノ逮捕事例を検証!

オンラインカジノ逮捕

日本に存在する賭博罪という法律。
オンラインカジノは賭博罪には値しないということですが、
(詳しい記事はこちら→)
2016年3月10日、イギリスのオンラインカジノ「スマートライブカジノ」でプレイしていた日本人三人が「賭博罪」に値するとして逮捕された事件があります。

海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県越谷市の制御回路製作会社経営、関根健司(65)▽大阪府吹田市の無職、西田一秋(36)▽埼玉県東松山市のグラフィックデザイナー、中島悠貴(31)-の3容疑者を逮捕した。府警によると、無店舗型のオンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。

 

府警によると、関根容疑者は「1千万円ぐらい使った」と供述。ブラックジャックの利用客だけで月に少なくとも約1400万円の賭け金が動いていたとみられ、府警は運営実態や資金の流れを調べる。

http://www.sankei.com/west/news/160310/wst1603100084-n1.html

どうして逮捕されたの?

日本人ディーラーが担当だったことが原因だった

smartlivecasino_setup

 

http://casinokun.com/smartlive_casino.html

 

逮捕された日本人プレイヤーは、「スマートライブカジノ」というイギリスのオンラインカジノをプレイしていました。

オンラインカジノではネット中継で、直接ディーラーとカジノをプレイすることができる「ライブカジノ」というものがあります。

海外から中継されているので、ディーラーはすべて海外の方です。

 

「スマートライブカジノ」では、日本人のディーラーがゲームを行っており、それをサイトの売りにしていました。

日本人ディーラーと会話できるように、カジノ内のチャット機能で日本語のコミュニケーションが可能にされていました。

また、カジノがプレイできる時間帯が日本時間の夕方から深夜に設定されていたこともあり、

警察側は「日本国内でオンラインカジノをプレイしていることと変わりがない」と判断し、逮捕に至りました。

日本人プレイヤーがSNSで特定された

逮捕に至ったきっかけとして、日本人プレイヤーがSNSで特定されるということがありました。

日本人プレイヤーがカジノ内でのチャットでの名称でアカウント名をそのまま使っていたこと、チャットの内容でSNSが特定できるようなやり取りをしていたことがあったことで、警察側が特定できたわけです。

今回の事件から学べること

日本人が集まりやすいようなテーブル、または日本人専用カジノは利用しない

今回の逮捕の一件の大きな原因となったことが、日本人のディーラーが担当するカジノに日本人プレイヤーが集まったことです。

今回の事件をきっかけに、日本人専用カジノは取りしまわれる可能性が高くなったはずです。利用しないようにしましょう。

アカウント特定されるような情報を書き込まない

SNSのアカウント名がわかるような内容をカジノ内でのチャットなどに書き込まないようにしましょう。

また、SNS内でオンラインカジノをプレイしているとわかるような書き込みもやめた方がいいでしょう。

 

違法でも合法でもないオンラインカジノ。

グレーゾーンだということをしっかり意識して、オンラインカジノをプレイすることを勧めます。

 

他にもオンラインカジノで逮捕者がでた事例があります。

詳しくはこちらの記事へ→ドリームカジノの運営者が逮捕された?!