casino14

オンラインカジノに違法性はあるの?法律問題を徹底検証

日本でも注目が集まりつつあるカジノ。
オンラインカジノは、インターネットの環境があれば自宅で楽しめるギャンブルとして、静かな広がりを見せていますが、日本からオンラインカジノをプレイする場合、法律の問題は避けて通れません。

日本でオンラインカジノをプレイする上で気をつけなくては行けない法律の問題をチェックしておきましょう。

オンラインカジノはどの法律に違法になる可能性がある?

日本では、カジノはもちろんのことオンラインギャンブルを取り締まる法律自体が無いので、オンラインカジノは日本の法律から見れば無法地帯のようなもの。

グレーなラインで違法とも合法とも言えないところで、オンラインカジノは楽しまれていますが、プレイヤーは最低限、日本の法律に違反してしまわないように意識はしていなければ行けません。

抵触するとしたら賭博罪。しかし盲点も

オンラインカジノもギャンブルである以上、現在取締で使われるとしたら「賭博罪」が有力候補になります。

しかし、この賭博罪にも盲点があり「逮捕に至るには、そのギャンブルが日本国内で行われているものであること」、更にプレイヤーを逮捕するには「プレイヤーとそのプレイヤーが遊んでいたカジノ運営も一緒に逮捕する必要がある」等の、実は色々な条件が存在します。

2016年に、日本人のオンラインカジノプレイヤー三人が逮捕される事件がありましたが、実際にはこちらは罰金のみで、そのうちの一人が起こした裁判でも「違法である」という判決はおりませんでした。

その理由の一つが、日本国内で運営されておらず、その国では合法なものであるため、賭博罪では検挙できなかったからではないかと、言われています。

海外運営であれば、完全に大丈夫?

casino1

完全に大丈夫と言い切れないのは、オンラインカジノやカジノそのものに対する注目が高まることから、少しずつ法整備の準備が進められているからです。

現時点ではグレーなだけで、今後日本でカジノが合法化されオンラインカジノも合法扱いになるのか、またはオンラインギャンブルに関する法律ができてしまうのか、それは誰にもわかりません。

オンラインカジノでは、銀行などを介してお金の入出金が行われるため、中央機関などがお金の流れを監視しやすくなっています。
オンラインカジノ自体が違法でなくても、高額な金額を儲けた後に確定申告を怠れば、次は脱税として調査の目が入る可能性もあります。

ただ、現時点で言えることは、日本国内で行われているオンラインカジノは違法であり、逮捕されるということ。ギャンブルを行う以上は、どうしても避けられない法律問題に関しても、最低限の理解が必要だと言うことがわかります。

加えて、海外のオンラインカジノサイトは、必ず信頼できるライセンスを持っているサイトを選ぶことが大切です。うますぎる儲け話などには騙されないようにすることも、注意が必要でしょう。

オンラインカジノの違法性はカジノ法案でどう動く?

オンラインカジノはカジノ法案でどう動いていくのか?

カジノ制定

カジノと聞いて思い浮かべる国はどこですか?
「マカオ」「ラスベガス」は世界的に有名なギャンブル都市としてしられていますよね。
アジアではフィリピンもカジノが盛んな国として挙げられます。
カジノが文化の一つである国では、賭博、つまりギャンブルが合法とされていますが、
日本では賭博罪という法律があるため、ギャンブル文化がありません。

しかし2016年12月、日本で「カジノ法案」が制定されました。
今回は、このカジノ法案がオンラインカジノに今後どう影響していくのかを見ていきたいと思います。

オンラインカジノと日本の関係

ギャンブルというのは、その国で認められていないとプレイできません。
ギャンブルには種類が存在し、その国が定めた種類でなければ利用できないことになっています。

例えば、日本では競馬やパチンコなどですね。
しかし、日本ではブラックジャックやルーレットなどのギャンブルはプレイしてはいけないことになっています。

マカオにカジノをプレイしにいく人がいるのはそのためです。

しかし、オンラインカジノというものが誕生してから、
カジノをプレイできる国にいかなくてもカジノが楽しめるようになりました。
日本では法律的にグレーゾーンとして位置されているので、
多少のリスクは伴うかもしれませんが、
オンラインカジノのサイト自体は海外にあるのでプレイできるという状況です。

この、「グレーゾーン」を改善してくれるかもしれないものが、「カジノ法案」です。

オンラインカジノとカジノ法案の関係

そもそもカジノ法案ってなに?

カジノ法案とは

カジノ法案は「政府から許可を受けた事業者が、認められた場所で、特定観光複合施設を経営できる」ということを可能にした法律です。

特定複合施設とは、「カジノ施設」「宿泊施設」など、日本の観光事業を盛り上げる施設が一体となったものを指します。

この施設を経営することで、地域経済の活性化や、財政の改善を狙っているのです。

カジノ法案がオンラインカジノに与える影響

カジノ法案自体は、経済を活性化させるための法案ですが、

それだけではなく、オンラインカジノの合法化を後押しする可能性もあります。
日本でカジノ運営が認められるようになれば、
カジノに関するルールを設定しなければなりません。
たとえば不正行為防止策、ギャンブル依存症の対策も考えたりしなければいけなくなります。

これらと同時に、オンラインカジノを今後どう扱っていくかも考えられていくと予測できます。

いかがでしたか?
法律も時代によって変わっていくものです。
今ではオンラインカジノの立ち位置は微妙なところですが、
プレイヤーの増加、人気になっていけばいくほど、
オンラインカジノについてきちんと法律が整えられていくと思います。

オンラインカジノと法律の関係性についてもっと知りたい方はこちらの記事へ!
→オンラインカジノは違法?合法

オンラインカジノは違法?合法?気になるセーフラインをチェック

オンラインカジノって違法なの?

オンライン違法合法

オンラインカジノは、インターネット上でプレイするカジノのこと。
カジノ会場にいかなくても、自分の好きな時間に、ネットがつながる場所であればどこでも楽しめるギャンブルです。

しかし、日本では賭博罪など、ギャンブルを規制する法律が存在しているので、
オンラインカジノと聞くと、「怪しいものなんじゃ….」と思われる方もいらっしゃると思います。

ここでは、オンラインカジノを法律面から検証していこうと思います。

オンラインカジノは違法でも合法でもない!オンラインカジノグレーゾーン

タイトル通り、オンラインカジノは違法でも合法でもありません。
これには、先述したような日本の法律との関係性が理由としてあります。

日本のギャンブル規制・賭博罪について解説

日本には「賭博罪」という法律が存在します。

賭博罪は、賭博自体の行為を禁止する法律のことです。

これと並んで、「賭博場開張図利罪」という法律も存在しており、

賭博をする場所を提供することを禁止しています。

オンラインカジノは日本の法律では規制できない

オンラインカジノというものは、今のところ日本の法律では禁止することができません。

というのも、そもそもオンラインカジノは海外で運営されているものです。

カジノが合法である国での運営なので、そもそも違法性はありません。

「オンライン」とあるように、インターネットがあればどこでもギャンブルができるという特徴があるギャンブルなので、オンラインカジノをプレイするということは、「日本国内でプレイしている」ことにはならないのです。

言い換えると、「カジノ自体は海外に位置し、プレイヤーは日本国内にいる」ということになり、

これが日本の法律でオンラインカジノを規制することができない理由になります。

 

合法かと聞かれれば頷けないところですが、違法かと聞かれてもそうであると断言できないグレーゾーンにオンラインカジノは位置しています。

「違法だ!」と唱える人も、「合法だ!」と主張する人もどちらも間違っていないわけですね。

 

オンラインカジノをプレイする際に気を付けることオンラインカジノポイント

日本国内で運営されているオンラインカジノはプレイしないこと!

先ほど説明したとおり、オンラインカジノは海外で運営されているもので、日本の法律に触れることはありません。

逆に日本国内で運営されているオンラインカジノでプレイすると処罰の対象になります。

なので、プレイするオンラインカジノを選ぶ際、そこのサイトが日本以外で運営されているものかきちんと確認するようにしましょう。

インターネット上に存在しているカジノなので、怪しいオンラインカジノはまだ存在しています。

ライセンスを取得しているかチェックしよう!

安全なオンラインカジノは、政府からライセンスを取得しています。

ライセンスを取得しているオンラインカジノは政府からの厳しい審査を通って安全だと認められています。

サイトの概要ページにきちんと表示されているものなので、登録する前に確認しましょう。

また、オンラインカジノは政府だけでなく第三者機関などからも厳しい審査を受けています。

政府からのライセンス、第三者機関から審査を受けた証明、これらの二つを所持しているオンラインカジノでプレイしましょう。

 

オンラインカジノは2016年に可決されたカジノ法案でさらに注目されるものとなっています。

詳しくはこちら→オンラインカジノとカジノ法案の関係性